? 初めての不動産投資-めざせ!サラリーマン大家さん

Top > 初めての不動産投資

初めての不動産投資

初めての不動産投資

初めての不動産投資一覧

投資用マンションの購入を無理矢理するめる悪質商法

不動産投資を行う時、気をつけなくてはいけない事に『悪質商法』があります。 特に近年、投資用マンションの脅迫まがいの勧誘・強引な取り引き行為等が問題になっていて、全国にある消費者生活センターへの相談も増えています。 なかには、勧誘の電話が自宅だけでなく、職場にもかかってくるようなケースもあるそうで、業

投資用マンションの購入を無理矢理するめる悪質商法の続きを読む>

用途地域の事について、詳しく理解していますか?

現物がある場合の不動産投資ですが、知っておかなければいけない用語に『用途地域』があります。 用途地域も市街化地域で定められ、12種類あります。 それぞれの用途地域で建築出来ない・出来るなどの用途にも制限が決められています。 まず工業用の用途地域ですが、「工業専用地域」「準工業地域」「工業地域」があり

用途地域の事について、詳しく理解していますか?の続きを読む>

建築制限には、道路の事も関わってきます

不動産投資を行う際に、現物がある場合、色々な建築制限を遵守しなくてはいけませんよね。 建築制限にも幾つかありますが、一つに道路に関係した建築制限があります。 建築基準法ですが、準都市計画地域と都市計画地域内で、敷地と道路に関係する制限があります。 例えば、4m以上の道路に2m以上接してなければいけま

建築制限には、道路の事も関わってきますの続きを読む>

敷金トラブルが起きないようにする為には

不動産投資を行う際、不動産の賃貸経営で注意をしておかなければならない事があります。 それは『敷金のトラブル』です。 この敷金ですが、室内を傷つけた場合や家賃不払いに備えるモノで、それらの費用を差し引いた金額が退去後に返金されます。 そして貸借人は、契約の終了後に借りた不動産を原状回復をして返還する必

敷金トラブルが起きないようにする為にはの続きを読む>

不動産の賃貸条件設定も地域習慣を考慮しましょう

現物の不動産を賃貸して不動産投資をする場合、管理業務の運営をする必要があります。 賃貸不動産の下院理業務ですが、建物維持管理と、入居者に対する賃貸運営管理があります。 賃貸借契約で決められている金銭に関する事柄には、以下のような物があるので理解しておきましょう。 まずは『敷金』です。 賃借人が、賃貸

不動産の賃貸条件設定も地域習慣を考慮しましょうの続きを読む>

不動産投資をする際、不動産登記も確認して下さい

不動産投資を行う際、現物がある場合は『不動産登記』をする必要があります。 建物や土地には、人の戸籍と同じような建物や土地の概要に関する土地の所属(地籍)があり、法務局には付属地図や建物登記簿、土地登記簿が整備されています。 土地ですが、一筆事に建物は一個事に登記簿があります。(一筆とは土地の数え方で

不動産投資をする際、不動産登記も確認して下さいの続きを読む>

不動産投資の物件を事前調査する為には

不動産投資で不動産の取り引きをする時、現地や地域、市場の調査は勿論ですが、登記や法令上の制限を調査しなくてはいけません。 他にも、今後の動向や賃料、不動産の売買価格、地域の状況や特性などを調査しておく事も必要です。 そして、農地法や建築基準法、都市計画法に関する調査も大切です。 不動産投資をする建物

不動産投資の物件を事前調査する為にはの続きを読む>

更地価格の算出方法

不動産投資をする時ですが、一番気になるのはやはり不動産の価格ですよね。 地価(更地価格)と不動産価格は違い、地価は建物がない状態の価格です。 土地の利用する方法によって、実際の不動産価格は変動します。 つまり、不動産の価格決定には、色々な事情によって左右されるので価格も個別に違ってきます。 そこで今

更地価格の算出方法の続きを読む>