? 不動産にまつわる法律-めざせ!サラリーマン大家さん

Top > 不動産にまつわる法律

不動産にまつわる法律

不動産にまつわる法律

不動産にまつわる法律一覧

民法の瑕疵担保責任とは、どのような責任の事を言うのか

不動産の売買契約が終わり、物件も無事に引き渡しがすんでも安心はできません。 物件からシロアリの被害で土台が傷んでいたり雨漏りがするなどの欠陥が見つかる事も実際にあります。 このように欠陥がある事を、民法で『瑕疵(かし)』と呼びますが、民法の瑕疵担保責任において、買主が瑕疵の存在を知らなかった場合、売

民法の瑕疵担保責任とは、どのような責任の事を言うのかの続きを読む>

容積率と建ぺい率について

不動産投資を始める時、現物がある場合、あまり聞き慣れない不動産用語を耳にする事があります。 例えば、容積率や建ぺい率等ですが、物件を検討する上で必要な知識というだけでなく、建築を始める時にも基本となる不動産用語になります。 「容積率」ですが、敷地面積に対して、建築物の床面積の割り合いが容積率になりま

容積率と建ぺい率についての続きを読む>

建築基準法とはどのような制限があるのか

不動産投資をする時ですが、「建築基準法」重要な法令があります。 この建築基準法ですが、建築物の用途や構造、敷地などの最低基準を定めていて、原則として準都市計画区域と都市計画区域内で適用をされる「集団規定」と、全国の建築物に対する「単体規定」によって、規制されています。 集団規定ですが、主に準都市計画

建築基準法とはどのような制限があるのかの続きを読む>

区分所有法についてアレコレ

不動産投資をする際ですが、マンションの1室を借りて賃貸する場合、区分所有法を忘れてはいけません。 マンション等の1棟の建物に独立した複数の住居(又は店舗)があると、それぞれでも所有権を持っているんです。 そして、建物に対するそれぞれの所有権の事を「区分所有権」といいます。 つまりこれに関する法律が『

区分所有法についてアレコレの続きを読む>

建物の耐震基準は建築基準法によって定められています

世界でも特に日本は地震の多い国です。 なので、地震による建物の倒壊を防ぐために、『建築基準法』によって耐震基準が定めらえています。 これは大地震の度に改正をしていて、現在は1978年宮城県沖地震の被害状況から、1981年に設定した震度6でも倒壊しないという耐震基準に決められています。 最近では、19

建物の耐震基準は建築基準法によって定められていますの続きを読む>

地域地区と都市計画法について

現物での不動産投資ですが、不動産の保有や取得に関する色々な法規制を受ける、という事を理解しなくてはいけません。 その規制の一つに『都市計画法』がありますが、これは無秩序な開発を防止して、計画的に街づくりをする為の法律になります。 この都市計画法の中で決められている「都市計画区域内」では、建物などに規

地域地区と都市計画法についての続きを読む>

都市計画区域と都市計画法は、このような内容になっています

現物の不動産投資において、必要な不動産を保有・取得する時は、建築基準法や借地借家法、都市計画法などの色々な法律が関わってきますが、法律も遵守する必要があります。 その中でも都市計画法は、都市地域においての整備や土地利用に関する法律になっています。 つまり、秩序のある健全な土地の利用に関して、街づくり

都市計画区域と都市計画法は、このような内容になっていますの続きを読む>