? サブプライムローン問題とは、一体どんな問題なのか?-めざせ!サラリーマン大家さん

Top > トピック > サブプライムローン問題とは、一体どんな問題なのか?

サブプライムローン問題とは、一体どんな問題なのか?

不動産投資を始めようと考えている方、「サブプライムローン問題」という言葉が頭を過りませんか?

これは、2008年にアメリカのサブプライムローンを端を発し、金融不安から世界経済に混乱が生じました。

さて、そのサブプライムローンですが、所得が安定している優良顧客(プライム層)ではない低所得者(サブプライム層)を対象にしている住宅ローンの事です。

一般の住宅ローンに比べ、サブプライムローンは金利も高く設定されています。始めの2年間は金利も抑えていますが、その後の金利は高くなります。

つまり住宅が値上がりしたら、その住宅を担保に金利の低いプライムローンに借り換えて、金利の負担を減らし住宅ローンを支払います。

ですが住宅の価格が下落した場合、アメリカの金利が上昇してしまいます。

すると借り換えが出来なくなり、結果としてローンの支払が出来なくなります。

これがサブプライムローン問題です。

さらに、サブプライムローンで個人に投資していた住宅ローン会社は、そのリスクを回避する為、ローンを小口証券化にして住宅ローン担保証券(RMBS)で販売を始めました。

この住宅ローン担保証券(RMBS)は高利回りなので、ヘッジファンドが資金を大量に借りて購入し、投資信託などの格付けが高い金融商品を組み込んだ事で、サブプライムローンが焦げ付きました。

資金提供をしていた金融機関やヘッジファンドと広く影響を与えてしまったのが、サブプライムローン問題です。

トピック

トピック
関連エントリー

中国の不動産投資が注目されるワケ
サブプライムローン問題とは、一体どんな問題なのか?
不動産投資信託とはどんなもの?