? 不動産投資をする時の契約書の特約について-めざせ!サラリーマン大家さん

Top > 投資不動産を購入する > 不動産投資をする時の契約書の特約について

不動産投資をする時の契約書の特約について

契約後、引き渡しをする前に、建物や土地が火災や地震などの不可抗力で消滅してしまっても、買主は代金を支払う義務があると民法で定められていて、『危険負担』といいます。

ですが、契約と実際に引き渡しをする期間には、数か月かかる事が普通です。

なので、引き渡しの前に契約した不動産が消えてしまう危険性に備える必要があります。

つまり、売主がその危険性を負うような特約を付ける必要があると考えています。

なので、不動産の売買契約書には、一般的に特約として所有権が買主に移転した時、危険負担(代金を支払う義務)が移転する事を明記します。

そして引き渡しをする前、不可抗力で不動産の全部、もしくは一部に損害が出てしまった時、契約を解除できるという事が一般的ですね。

売買契約書の内容も、万が一の時に備えて「危険負担」に関する特約が有るか無いかをキチンと確認しておきましょう。

さて、不動産の売買契約ですが、買主がローンを利用する時、契約書で決めた期日までに融資の全部、または一部に対して承認が降りない事もあります。

その場合に対して、ローン特約(融資利用の特約)を備えておく必要があります。

これは、買主の責任ではない理由で、融資の全部、または一部が行われない時は、無条件で買主から契約を解除する事が出来るという特約になります。

このローン特約で契約が解除された場合、売主は領収済みになっている全額を返金しなくてはいけません。

もちろん、仲介業者も報酬を買主・売主の両方に返金をする必要があります。

売買契約書の特約の有無についても、キチンと確認してください。

不動産投資を行う際、このような危険性にも備えて確認や準備をする必要があります。

特に現物の不動産投資で不動産を購入する場合も、特約には十分注意をして下さいね。

投資不動産を購入する

投資不動産を購入する
関連エントリー

不動産契約時の手付金の種類
不動産投資をする時の契約書の特約について
ノンリコースローンとは、一体どんなローンなのか
不動産を購入する際の手順